【海外ニュース(NEW YORK POST)和訳】-twitterの従業員は今後、コロナ収束後もテレワークが認められることに-

海外ニュース

-日本語訳は非表示(クリックすれば開きます)にしております。英語の学習にもご活用いただけます-

【記事要約】

・コロナウイルスが収束した後も、Twitterの全従業員はリモートワークが可能となる

元記事はこちら!(英語)

The social network’s CEO on Tuesday emailed his staff to say that employees whose jobs permit it will be allowed to work remotely forever — even after the coronavirus pandemic is over.

日本語訳はこちら!

今年、アフリカ行きを計画していた、TwitterのジャックドーシーCEOはコロナウイルスの流行が落ち着いたあとも未来永劫、リモートワークを許可することを全従業員に告げた。

“We’ve been very thoughtful in how we’ve approached this from the time we were one of the first companies to move to a work from home model,” Twitter told BuzzFeed News in a statement.

日本語訳はこちら!

私たちはこのワークスタイルに移行するまで、入念に準備をしてきましたと、Twitterの担当者がバズフィードニュースに語っている。

Dorsey in February revealed his ambitions for Twitter to have a more global workforce that will allow anyone to work from anywhere after he came under fire for saying in December that he planned to move to Africa for as much as six months this year. The stock tanked, and then reports emerged that activist hedge fund Elliott Management had bought a stake and was questioning whether Dorsey was the right man for the job.

日本語訳はこちら!

ドーシーCEOはこの前の2月、従業員の誰もが会社に来なくとも、好きな場所で働けるようにしたいと語っていた。ちょうどその数か月前の12月には、アフリカに来年度6か月程度、移住する予定である旨、公表し批難されたばかりであった。その発言後、株価は下落し、「物言う株主」として有名なヘッジファンドである「エリオットマネジメント」がドーシーが経営者として失格なのでは?と疑問を呈することにもつながっている。

Dorsey backtracked from his travel plans at the start of March — a week before coming to a truce with Elliott. At the time, he cited the spread of the coronavirus as the reason he was bowing out.

日本語訳はこちら!

ドーシーCEOは、3月頭にアフリカ行きの旅行を断念し、その理由にコロナウイルスの蔓延を挙げた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました